会長あいさつ

2021-2022年度 室蘭北ロータリークラブ 会長

本間  信

2021-2022年度室蘭北ロータリークラブ会長就任にあたりご挨拶申し上げます。
本年度、我が室蘭北ロータリークラブは、創立50周年を迎える年度にあたっており、その年度の会長として就任させていただくことに大いなる責任と幸せを感じているところであります。現在、新型コロナウイルスの流行が私共地域にも身近に感じられる状況にあり緊急事態宣言が延長され先の見えない中ではありますが、ロータリー活動を止めるわけには参りません。
さてRI会長シェカール・メータ氏のテーマは
『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』
であります。誰かのために奉仕し自分の人生を豊かにするその方法の一つが現在のロータリーの会員数を120万人から130万人にすること、「each one, bring one」会員増強を訴えております。

第2510地区目標は
『世界に奉仕を 地域には感謝を』『不忘感謝、前人偉業』

大日向ガバナーは未来のロータリーを築くために7つの地区方針を示されておりますが、特に次の3つの方針に重きを置いています。
ロータリー財団への理解 ポリオの根絶
ロータリー米山記念奨学会の理解と活動
会員増強、Each one, Bring one の推進
であります。
上記のRI、地区の方針を踏まえ、本年度50周年を迎える室蘭北ロータリーのスローガンは
『感謝の心一つに・・・そして心豊かに・・・』
スローガンを実現するために又、スローガンの中の『・・・』を皆さんなりに充実させるために次の目標を掲げました。

  • ●創立50 周年にあたり先人達・地域の人達への感謝を忘れず全員参加で
    (室蘭北ロータリーの誕生日を皆で祝いながら奉仕する)
  • ●会員増強は純増5名を目標とし、退会者を出さない
    (年齢を超えて率直に向き合うエイジフリー)
  • ●継続してきた奉仕活動を今一度見直してみる
    (地域の方々へのこれからの奉仕活動の未来形を模索する)
  • ●コロナ禍での例会開催になった時にも欠席者を極力少なくする
    (対面式の例会を中心とした方法を考える)

そして様々な場面で決断を下す時例会で唱和している『四つのテスト』の指標を忘れずに、一年間皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。