会長あいさつ

2020-2021年度 室蘭北ロータリークラブ 会長

菅原 義男

2020-2021 年度室蘭北ロータリークラブ会長就任にあたりご挨拶申し上げます。
本年度、日本ロータリー100 周年の年度にあたっております。その重要な年に会長に就任し、責任の重さを十分に感じております。
今、新型コロナウイルス感染が世界的に流行し、終息にはまだ時間が必要となり、様々な影響を受けています。日本でも緊急事態宣言が発令され外出自粛生活によって私たちの暮らしは大きく変わりました。自粛緩和後も政府の専門家会議が示した「新しい生活様式」が推奨され今後も私たちの暮らし方や気持ちも変化していくことと思います。
RI 会長ホルガー・クナーク氏のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
私たちがここに来たのは、ロータリーがもたらす機会を信じているからです。
それは、他の人々にとっての機会であり、私たちにとっての機会です。奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生み出す物であると信じています。と語られております。

第2510 地区目標は
「守・破・離」の心で初心を忘れず!変化を恐れず!希望の扉を開けましょう。

このRI、地区の方針を踏まえ、室蘭北ロータリークラブのスローガンは
「学び愛・助け愛・心の扉を開きましょう!」
とさせて頂きます。

スローガンを実現する為に、次の目標を掲げました。

  • ●ロータリーの歴史を学び、ロータリーの楽しさを探し会員で共有します
  • ●純増三名の会員増と退会会員ゼロを目指します
  • ●各委員会と協力して楽しい例会を目指します
  • ●歴代会長が行ってきた奉仕活動を継続します
  • ●前年度からの継続で北ロータリークラブ定款細則の見直しをします

創立50 周年に向けて準備委員会を立ち上げます。会員の皆様と、毎週例会でお会いできることを楽しみにしております。
今後一年間皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。