委員会活動

S・A・A

本間 信

副S・A・A 吉田 隆

《基本方針》

 例会が秩序正しくかつ、楽しい雰囲気で進行するよう務める。

《活動計画》

  1. 例会セレモニーの司会進行(スムーズに会長に)
  2. 会場の運営及び設備確認と点検
  3. 卓話などでの私語防止(気がついたことがあれば次回例会で指摘する)
  4. 座席の毎回指定席制度を出席委員と協力して実施する
  5. 来客や会員を笑顔で挨拶して迎え入れる(親睦委員と協力)
  6. ロータリーソングを斉唱する
  7. 4つのテストの唱和をする

会員増強

委員長 山口 雄平

副委員長 斉藤 崇
委 員 中田 孔幸・西野 義人

《基本方針》

     ◎純増4名。会員数50名を目標とする。

    《活動計画》

  1. 現在の会員の退会を防ぐ。声掛け、現状の把握などコミュニケーションを充実させる。
  2. 各会員がロータリーの魅力を自分の言葉で語り、職業分類、世代はバランスを考慮し、ともに活動したいと思える人を推薦する。
  3. 各委員会と連携をし、候補者が体験入会できる場を増やす。

クラブ広報

委員長 加藤 栄吉

副委員長 内池 眞人
委員 村井 幺乙・菅原 悦子・猪俣 英二
  1. 現在の「広報委員会」はCLP導入後、それまであった「ロータリー情報委員会」と「雑誌委員会」とが統合したものとなっている。
  2. 「広報」は当クラブがどのような活動をしているかを、地域の人々に対して広く知らしめる役割を担っている。そのため行事ごとに地元新聞に知らせ、取材を受け掲載してもらう。
  3. 「ロータリー情報」は会員各位にロータリーの目的・理念・綱領・歴史・組織体、地区運営などを深く認識、理解してもらう。また当室蘭北ロータリークラブ46年の歩み、実績を理解してもらう。そのため「勉強会」など年数回開催する。
  4. 「雑誌」はロータリー機関誌の「ロータリーの友」の読書啓蒙に努める。月間には関係機関や専門家を招聘して「卓話」を行う。またクラブの特色ある奉仕活動は「ロータリーの友事務局」に写真と伴に原稿を送って掲載してもらう。

クラブ管理運営

委員長 川本 康裕

プログラム委員長 川本 康裕
出席委員長 工藤 一人
親睦委員長 藤井 徹也
クラブ会報委員長 太田 義則

①プログラム委員会

委員長 川本 康裕
副委員長 西尾 静枝
委 員 及川 力・松田 博文

《基本方針》

 全てのロータリー活動の原点は、毎週の例会に出席することから始まります。例会に出席せずしてロータリーを語ることはありえません。例会の中心は当然、卓話のプログラムになります。
 そこで本年度は出来るだけ外部の方をお呼びして、幅広い分野の内容でプログラムを組みたいと考えております。
 そのためにはプログラム委員会として、認識を共有し、いろいろな情報を交換しながら一年間委員会のメンバーと、この職責を果たしていきたいと思います。
 最後に、プログラム委員会がいかにロータリー活動の屋台骨を支えているか、一年間を通してその重要性を感じてもらえるように、委員会全員で頑張っていこうと考えております。

《活動計画》

  1. ロータリークラブはある意味では職業人の組織であるので、できるだけ外部のロータリアンを卓話の講師としてお呼びする
  2. 今まであまり卓話でお呼びしていなかった分野をプログラムにいれる
  3. 「会長シリーズ」として第9グループの会長にも卓話をお願いし、さらにお互いの理解が深まるように企画する
  4. 地区からも出来るだけ、各月間に合わせてロータリアンをお呼びする
  5. 今回が初だと思いますが「夜間例会」を開催してみたいと考えています
  6. その他必要な活動

②出席委員会

委員長 工藤 一人
副委員長 笹谷 豊明
委 員 松島 茂・菅原 悦子・石倉 史郎
上口 喜代志・岸田 理・木村 卓也
宮本 一章・水野 治・小玉 忠弘

《基本方針》

 例会出席率の向上を通じてクラブの活性化を図る

《活動計画》

  1. メーキャップを促進する
  2. 100%例会の実施挑戦(100%お願いDAYを決めて呼びかける)
  3. 出席優秀会員の表彰
    ・最終例会に於いて、年間100%出席率達成会員を表彰し、スピーチを頂く
    ・ホームクラブ100%会員にスピーチを頂く
    ・メーキャップを含んだ6カ月間出席率100%会員(上位3名)を表彰しスピーチを頂き記念品の贈呈

③親睦活動委員会

委員長 藤井 徹也
副委員長 工藤 一人
委 員 笹谷 豊明・松島 茂・菅原 悦子
石倉 史郎・上口 喜代志・岸田 理    
木村 卓也・宮本 一章・水野 治・小玉 忠弘

《基本方針》

 会員相互の親睦を深めるため、例会活動、同好会活動を積極的に行う。

《活動計画》

  1. 会員の誕生日には例年通り花を届け、例会時にスピーチを頂き、「ハッピーバースデイ・トゥ・ユー」を全員で歌う。
  2. 家族例会を継続実施し、会員の家族との親睦を深める。
  3. 麻雀大会を年2回程度実施する。(11月、3月)
  4. 「ニコニコボックスが奉仕活動の原資」ということを踏まえ、気持ちよく頂けるように働きかける。
  5. 奉仕プロジェクト委員会の活動資金の為、ワンコインニコニコボックスを復活し、会員にアピールする。
  6. 同好会などの活動への積極的な参加を促し、会員相互の親睦を深める。

④クラブ会報委員会

委員長 太田 義則
副委員長 松島 茂
委 員 猪俣 英二・宮本 一章・渡部 一姿

《基本方針》

 聞いた事、伝える事、伝えたい事をよく吟味して、ロータリー活動に安心感や満足感を与えていきます。

《活動計画》

  1. 広報誌を中心に、例会や様々な活動、そしてクラブ内の情報をわかりやすく、的確に伝える
  2. 会員同士のコミュニケーションを図れる一つのツールとなれるう努力します
  3. 各例会の原稿収集や内容の編集は担当する委員のスケジュールを作成し、当番制とする
  4. 委員会メンバーが会報作成活動を通して、ロータリーの活動をより理解できる事を期待します

奉仕プロジェクト委員会

委員長 齊藤 俊一

職業奉仕委員長 菅原 義男
社会奉仕委員長 齊藤 俊一
国際奉仕委員長 徳永 賢二
青少年奉仕委員長 椛澤 哲也

①職業奉仕委員会

委員長 菅原 義男
副委員長 廣瀬 禎
委 員 土井 伸・木村 卓也

《基本方針》

職業奉仕はロータリーの原点であると言われております。今一度職業奉仕について考える年度にしたい。

《活動計画》

  1. 職業倫理を高めるために例会ごとの四つのテストの唱和を行います
  2. 職業奉仕についてのクラブフォーラムを開催します
  3. 職場訪問例会を開催します

②社会奉仕委員会

委員長 齊藤 俊一
副委員長 岸田 理
委 員 黒崎 清・吉田 隆

《基本方針》

 社会奉仕活動は、奉仕活動そのものが達成する成果に加えて、クラブと地域社会とのつながりを深め、地域社会にロータリーの認識・理解を深めていただくという重要な場面でもあります。
 このため、どのような活動を行えばこの目的に合致するのかを問い直し、それをクラブの資力、マンパワーも考慮しながら進めてまいりますが、基本的には、これまでの活動を継承しつつ改善できることを改善し、できれば新たな奉仕活動を考え、一つでも実行していきたいと考えています。

《活動計画》

  1. 蘭東少年野球同好会、室蘭セーリング協会(ジュニアヨットレース)の支援
  2. 9月上旬にボーイスカウトのカントリーデイに知利別川周辺の草刈りとゴミ拾い
  3. 秋の交通安全週間中に全員参加の交通安全啓蒙活動
  4. 2月の「平和紛争予防/紛争解決月間」に、卓話によるクラブフォーラムを実施
  5. 4月に献血例会の実施(事前準備の強化、場所の変更検討)
  6. 新たな奉仕活動の実施

③国際奉仕委員会

委員長 徳永 賢二
副委員長 西野 義人
委 員 三浦 義隆・上口 喜代志・船水 尚行

《基本方針》

 室蘭地域に於いては、在住外国人、留学生との異文化交流を深め国際奉仕活動を行います。
 今年度の当委員会の事業の柱として、地区国際奉仕事業であるタイ3340地区ノンカイRCに対して「地域インフラ事業」「クリーンウォーター事業」の奉仕活動に参加し、国際理解を深める活動を行います。
 また、世界中からポリオをなくす為のワクチンや医師の提供の為、当クラブでも募金活動を行います。

《活動内容》

  1. 地区国際奉仕事業「地域インフラ事業」「クリーンウォーター事業」への参加
  2. 地区国際奉仕事業「地域インフラ事業」「クリーンウォーター事業」に関するフォーラムの開催
  3. ポリオプラス募金活動の推進
  4. 室蘭工業大学留学生と室蘭岳登山実施

④青少年奉仕委員会

委員長 椛澤 哲也
副委員長 内池 秀光
委 員 笹谷 豊明・宮本 一章・塚田 智憲

《基本方針》

 青少年との親睦と奉仕活動に参加して、次世代を担う青少年の成長を支援していき、その中から一人でも多くの若者が、いつかロータリアンになりたいと思う人材を育て、当クラブの会員の皆様にローターアクトの活動のご理解を一人でも多くなるように活動して参ります。

《活動計画》

  1. ローターアクトの活動を支援し、会員拡大、20名を目標とする
  2. 蘭東少年野球同好会、室蘭セーリング協会(ジュニアヨットレース)の支援
  3. 室蘭東RCインターアクトとの交流を行い、室蘭北ローターアクトとの合同奉仕活動の支援
  4. 他の委員会と連携し、当クラブの活動のお手伝いをする(ローターアクトの参加も含む)
  5. 旭ヶ丘小学校のロータリー文庫への寄付

ロータリー財団委員会

委員長 米塚 豊

副委員長 國田 雅弘
委 員 澤山 豊・佐藤 隆夫

《基本方針》

 ロータリー財団の使命は、ロータリーの会員が健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。
 その一環として、ポリオプラスがあります。財団と当クラブがどのように関わっているかを少しでもより理解して頂き、財団寄付への協力を促していきたい。

《活動計画》

  1. 財団への理解と協力支援のための卓話をする
  2. 今年度の継続的な支援である寄付は会員一人当たり100ドル、合計4,600ドルを目標にする
  3. ポリオプラス活動に協力する

米山記念奨学会

委員長 米塚 豊

副委員長 國田 雅弘
委 員 澤山 豊・佐藤 隆夫

《基本方針》

 日本ロータリークラブの創始者である米山梅吉氏の功績を記念して作られた「米山記念奨学会」。これまで多くの外国人留学生が日本で学び、母国を始め国際社会で活躍し、日本と世界を結ぶ懸け橋となっています。

《活動計画》

本年度当クラブはロータリー米山記念奨学生として、
氏 名    劭 冠銘(ショウ カンメイ)さん
国 籍    中  国
在籍校    室蘭工業大学修士課程 情報電子工学系専攻
指導教官   岸上 順一 教授
カウンセラー 米塚 豊 米山記念奨学委員長
期 間    2018年4月~2020年3月

  1. 奨学生には、第一例会に出席してもらい奨学金を手渡す
  2. 奨学生に卓話をお願いする
  3. 継続的な支援のため、会員一人当たり10,000円の寄付をお願いする