委員会活動

S・A・A

小野寺 浩二

副S・A・A 藤井 徹也

《基本方針》

毎週の例会が秩序正しく行われ、気品が失われないよう、明るい雰囲気で行われるようにし、例会の使命を発揮できるよう務める。

《活動計画》

  1. 例会セレモニーの司会・進行
  2. 会場の運営及び設備確認と点検
  3. 卓話などでの私語禁止啓蒙
  4. くじ引きでの座席指定を実施
  5. 来客・会員を笑顔で会場に迎え、明るい雰囲気をつくる
  6. ロータリーソングを斉唱する
  7. 4つのテストの唱和をする

会員増強

委員長 宮本 一章

副委員長 川本 康裕
委 員 内池 眞人・渡部 一姿

《基本方針》

  1. ◎純増3名。
  2. ◎会員数50名以上のキープ。

《活動計画》

  1. 現在の会員の退会を防ぐ。声掛け、現状の把握などコミュニケーションを充実させる。
  2. 各委員会と連携をし、候補者が体験入会できる場を増やす。
  3. 女性会員候補者に積極的に声掛けを行い、入会しやすい環境作りを意識していく。

クラブ広報

委員長 徳永 賢二

副委員長 西尾 静枝
委員 松田 博文

クラブ広報委員会は、広報・ロータリー情報・雑誌の3つを行います。

《基本方針》

クラブ会員のみならず広く地域の人々にも室蘭北ロータリークラブの活動を理解してもらうよう努める。

《活動計画》

  1. 広報
    年間通して委員会の各行事を先に情報を頂き、それに合わせて活動内容を各メディアを通して発信していく。室蘭民報等に発信してもらう。
  2. ロータリー情報
    会員増強がなされ、若手会員が多くなっておりますので勉強会を行う。
  3. 雑誌
    「ロータリーの友」を会員の皆様に読んでもらうために、興味のある記事を会報で紹介する。また、出来るこ事なら当クラブの活動内容を投稿する。

クラブ管理運営

委員長 内池 秀光

プログラム委員長 内池 秀光
出席委員長 水野 治
親睦委員長 工藤 一人
クラブ会報委員長 木村 卓也

①プログラム委員会

委員長 内池 秀光
副委員長 山口 雄平
委 員 小野寺浩二・小玉 忠弘
中田 孔幸・三浦 義隆
宮本 秀樹

《基本方針》

基本的なプログラムの進め方は例年通りとする。室蘭北ロータリークラブの今年度の活動方針にもあります諸先輩からの卓話の実施。特別月間の委員会の委員長に卓話の手配をお願いする。その他の月については、例会の入れ替え等も考慮してプログラム委員会のメンバーが手配する。
プログラムはより多くの会員が興味のある内容にし、多くの会員の参加が見込めるような例会を目標にして一年を通してプログラム委員会の重要性を感じてもらえるよう、委員会全員で頑張っていこうと考えております。

《活動計画》

  1. 多数の参加が見込めるような、興味深いテーマを目指す。
  2. 会長シリーズとして第9グループの会長にも卓話をお願いし、お互いの理解が深まるよう企画する。
  3. 他の団体との交流も含め会員相互の理解を深め、今後のロータリーの活動に少しでもプラスとなるような方々に卓話をお願いする。

②出席委員会

委員長 水野 治
副委員長 本間 信
委 員 小野寺浩二・船水 尚行
宮本 秀樹・櫛引 秀明

《基本方針》

会員個々への積極的な情報発信・働きかけにより例会出席への意識・意欲を喚起し、年間出席率100%達成の会員増加を実現する。これにより、クラブ活動全体の活性化に繋げる。

《活動計画》

  1. 各例会開催の数日前にプログラム内容を再周知する(SNS活用)。
  2. 会員全員の出席状況を定期的に発表するとともに、優秀者を表彰する
    ・ 9月:3ヶ月間の出席状況を発表する。
    ・12月:6ヶ月間の出席状況を発表し、優秀者を表彰する。
    ・ 3月:9ヶ月間の出席状況を発表する。
    ・ 6月:一年間の出席状況を発表し、優秀者の他出席率100%達成の会員全員を表彰する。

③親睦活動委員会

委員長 工藤 一人
副委員長 岸田 理
委 員 及川 力・太田 義則
黒崎 清・土井 伸
小玉 忠弘・宮本 秀樹
斉藤 聡

《基本方針》

会員相互の親睦を深めるため、例会活動、同好会活動を積極的に行う。

《活動計画》

  1. 会員の誕生日には例年通り花を届け、例会時にスピーチを頂く。
  2. 家族例会を継続実施し、会員の家族との親睦を深める。
  3. 麻雀大会を年2回程度実施する。(11月、3月)
  4. 「ニコニコボックスが奉仕活動の原資」ということを踏まえ、気持ちよく頂けるように働きかける。
  5. 同好会などの活動への積極的な参加を促し、会員相互の親睦を深める。

④クラブ会報委員会

委員長 木村 卓也
副委員長 松島 茂
委 員 猪俣 英二・菅原 悦子
塚田 智憲

《基本方針》

聞いた事、伝える事、伝えたい事をよく吟味して、ロータリー活動に安心感や満足感を与えていく。

《活動計画》

  1. 広報誌を中心に、例会や様々な活動、そしてクラブ内の情報をわかりやすく、的確に伝える
  2. 会員同士のコミュニケーションを図れる一つのツールとなり、会員増強につながるアナウンスが出来るよう努力する
  3. 各例会の原稿収集や内容の編集は全員参加を基本とし、担当委員のスケジュールを考慮し当番制とする
  4. 委員会メンバーが会報作成を通して、ロータリーをより理解できるよう活動する

奉仕プロジェクト委員会

委員長 猪俣 英二

職業奉仕委員長 上口喜代志
社会奉仕委員長 猪俣 英二
国際奉仕委員長 椛澤 哲也
青少年奉仕委員長 廣瀬 禎

①職業奉仕委員会

委員長 上口喜代志
副委員長 佐藤 隆夫
委 員 荒谷 信幸・山口 雄平

《基本方針》

ロータリーの原点であると言われている職業奉仕について今一度考え、あらゆる職業を知ることで品位ある各職業の持つ社会的意義や役割を知り尊重し合う。
事業および専門職務の道徳水準を高め、ロータリーの理念に従って自分自身を律し奉仕の理念を実践していけるように心がける。

《活動計画》

  1. 職業奉仕の理念を再確認し心に刻むために4つのテストを例会で唱和する
  2. フォーラムを開催する
  3. 職場訪問例会を実施する

②社会奉仕委員会

委員長 猪俣 英二
副委員長 國田 雅弘
委 員 村井 幺乙・笹谷 豊明

《基本方針》

社会奉仕を行うことで、人々、地域、環境に貢献して、会の結束を図り充実した全員参加のロータリー活動を目指す。

《活動計画》

  1. 献血例会の実施
  2. 交通安全週間期間に行う全員参加の啓発活動
  3. ボーイスカウトとカントリーデー(9月)に行う知利別川の清掃と周辺のゴミ拾い
  4. 10月のクラブフォーラムで社会奉仕活動についての議論と検討
  5. 他の活動との連携実施

③国際奉仕委員会

委員長 椛澤 哲也
副委員長 米塚 豊
委 員 齊藤 俊一・船水 尚行

《基本方針》

ロータリークラブは国際組織であることを会員に改めて理解を深めていただき、国際奉仕に積極的に参加することを促す。

《活動内容》

  1. 地区国際奉仕事業「地域インフラ事業・クリーンウォーター事業」の参加・視察
  2. ポリオプラス募金活動の推進
  3. 室蘭工業大学留学生と室蘭岳登山の実施
  4. 他の国際団体との交流
  5. 世界大会への参加
  6. 国際奉仕に関するフォーラムの開催

④青少年奉仕委員会

委員長 廣瀬 禎
副委員長 渡部 一姿
委 員 本間 信・塚田 智憲
小野寺浩二

《基本方針》

青少年活動を通じて、若者と一緒に悩み、喜び、奉仕と責任感、広い視野を持てる若者を育てる手助けをしたい。

《活動計画》

  1. ローターアクトの活動を支援し、新しい歴史を育てる基礎を造りたい
  2. 蘭東少年野球同好会、ジュニアヨットレースの支援
  3. 国際奉仕、社会奉仕委員会行事への参加
  4. 室蘭東RCインターアクトとの交流
  5. ローターアクト例会、各行事(野球、ヨット)への会員の多数の出席をお願いする

ロータリー財団委員会

委員長 加藤 栄吉

副委員長 笹谷 豊明
委 員 澤山 豊

《基本方針》

ロータリー財団の使命は「ロータリーの会員が健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて世界理解、親善、平和を達成できるようにすることである」(ロータリー財団ガイドより)。よってロータリー財団とクラブとのつながりがどのようになっているか関係を明確にし、会員各位に対してその理解、認識を深めることを務めとする。

《活動計画》

  1. これまでの継続的な支援である寄付、会員一人当たり100$以上を目標とする
  2. 11月の「ロータリー財団月間」には理解を深めるため卓話を実施する
  3. ポリオ撲滅「ポリオプラス活動」に協力する

米山記念奨学会

委員長 加藤 栄吉

副委員長 笹谷 豊明
委 員 澤山 豊

《基本方針》

日本のロータリークラブ創設者である米山梅吉氏の功績を記念して作られた「米山記念奨学会」。この奨学金制度によりこれまで多くの外国人留学生が日本で学び、母国を始めとする国際社会で活躍し、日本と世界を結ぶ懸け橋となっている。

《活動計画》

昨年度に続き米山記念奨学生ショウ・カンメイ君のスポンサークラブとなっている。
氏 名    劭 冠銘(ショウ カンメイ)さん
国 籍    中華人民共和国
在籍校    室蘭工業大学修士課程 情報電子工学系専攻
指導教官   岸上 順一 教授
期 間    2018年4月~2020年3月

  1. これまでの継続的な支援である寄付、会員一人当たり10,000円をお願いしたい
  2. 10月の「米山奨学月間」には奨学生または関係者の卓話を行う
  3. 奨学生ショウ君には毎月第一例会に出席してもらい奨学金を手渡す